30代からの転職

 転職したいと思った時が30代にさしかかっていたという人は、どんな探し方がいいものでしょう。30代という年齢が、転職に以外と響いてきます。

29歳と30歳の差は、なかなか軽視できるものではありません。年齢や性別で求人対象を制限することは、これまでは普通でした。法律の改正で表向きには年齢で求人を行うことは難しくなりましたが、企業側も若い人がなるべく応募してくるような求人広告を考えていたりします。

募集年齢が明記されていなくても、求人内容を読んで、求めている人材の年齢の幅を推測することも必要です。30代での転職が絶対に不可能だというわけではありません。30代でも求人広告をしっかりと読み取り十分な対策をとれば転職をすることはできます。

30代になってから転職をする場合、自己PRのポイントを見極めることが大事です。30代の転職は、それまでの技術や実績をいかに相手にアピールできのるかという点にかかっています。

30代の転職は、20代の仕事でどんな経験をしているか、何ができるようになっているかを洗い出し、明確にすることが重要です。同僚にアドバイスしてもらったり、相談してみるのも良い方法です。30代では、30代にしかない強みがありますので、その点を全面的に押し出せば20代と差をつけることができます。30代でも転職をしたい人はあきらめずに求人を探してみることをおすすめします。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

学生向けのローンを利用するときの注意点

はじめてキャッシングを利用する時に知っておきたいこと