障害者の雇用の形

 年々障害者の就職を求める企業は、増えてきています。仕事上のハンディに障害があることがなるとは限らないようです。

雇用義務達成のためだけではなく、障害者を純粋に会社の新戦力として求人を出す企業が多くなってきています。様々な障害者の就職情報が、求人サイトにはあるようです。契約社員の募集が、障害者の就職情報には多いように見えるようです。

企業にとっても当人にとっても、障害者が契約社員として就職することにはメリットのある話で、正社員での就職を望む人も多いとはいえ実はそれが良いともいえないのです。障害者雇用義務を達成するためにも、企業は障害者の長期間の雇用をしたいと思っています。

初めから正社員として就職してもらうと後に仕事内容とのミスマッチが生じる可能性があります。契約社員の期間は長期雇用の調整期間だという会社もあります。正社員として雇用されいきなり一般の正社員と同じレベルの成果や実績を求められるのは、就職した障害者側としてとても大変でしょう。

慣れない仕事で無理をしすぎて体調を崩してしまったり、自信を失う人もいるかもしれません。契約社員なら経験を積みながら徐々に仕事の範囲を広げていくこともできます。ミスマッチを回避しながら調整をしていくことが、障害者が就職して長く働き続けるには大切なポイントです。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

学生向けのローンを利用するときの注意点

はじめてキャッシングを利用する時に知っておきたいこと