志望動機は中途採用時のポイント

 新卒採用と中途採用の違いは、中途採用者の場合、過去の実績や資格を求めて採用するということにあります。別な会社で働いてたことがある人を採用する以上は、どのようなスキルや能力を持っている人物かを、企業は知りたいと思います。

志望動機を書く時には、自分を採用したらどんなことに貢献できるかについて書くと強い印象を与えることが出来ます。転職を成功させたいなら、自分を売り込むチャンスは逃さずに的確にアピールすることが大事です。

会社が求めている技術や能力を持っていることをしっかりアピールできれば、即戦力として働けるかもしれません。募集をかけている企業の仕事の中身を理解した上で、それに合う自己PRができていれば、一層評価は高くなることでしょう。

転職を希望している人に対しては、ほとんどの企業が、前の会社をやめた事情を問います。自己正当化するような話し方や一方的に以前の会社を悪く言うようなことをするとあまりいいイメージをもたれません。次の就職先に向けてのスキルアップといった前向きな理由であることが理想的な内容です。

仕事をやめた理由は、次の仕事につきたい理由に繋がっていることがありますので、面接では話題になりやすい事柄です。例えば、スキルアップのために前の仕事をやめたという人は、これからつく仕事はスキルアップが可能であるという見込みが必要になります。仕事をやめた理由と志望動機が必ずしも繋がっていなければいけないわけではないですが、意識をしておくべきでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

学生向けのローンを利用するときの注意点

はじめてキャッシングを利用する時に知っておきたいこと