就職活動と転職時のスキルアップについて

 大学を卒業するにあたって、ほとんどの人が経験することが就職活動です。就職活動の季節になるとどんな仕事をしたいかを考えて、自分の適性や希望に合致している仕事の候補を出します。

ただし希望していた会社に落ちてしまって就職活動が長期になってくると状況は随分と変わってきます。第一希望の企業からは採用されなかったけれど、この業種の会社から内定が欲しいという人も少なくありません。

自分だけが就職先が決まらず、友人は内定を勝ち取っているのをみると強い焦りを感じる場合もあります。業界に関する知識を得たり、関係のある資格取得を目指したり、就職活動を有利に進める方法はいくらでもあります。もっと早く準備しておけば良かったと自分の努力不足を嘆くことも少なからずあるでしょう。

大学生は、ハードな就職活動で納得のいく成果を上げて就職先を決めますが、すぐに転職するような人もいます。従来は定年退職するまで勤めることが当たり前でしたが、いまは前向きに転職する人が増加しています。

前の職場で得た知識や実績を活かして転職先を決めるのは、キャリアをますます高めていきたいからです。就職活動でも、転職活動でも、今現在の自分がどういう成り立ちでここにいるかを聞かれるでしょう。転職するかどうかに関わらず、常にスキルアップすることを心掛けるのは、社会人としてたいへん重要なことと言えます。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

コンサルタントへの転職のコツ

学生向けのローンを利用するときの注意点