転職活動では面接がポイント

 書類審査を無事にクリアしたならば、転職活動では最も重要な面接となります。事前準備が面接では重要です。求人に応募した動機と仕事へのやる気、自分の強みはどこにあるかなど、面接で迷わず答えられるように考えをまとめておきます。

過去の業種と異なる仕事を希望している場合は、どうしてその仕事をしたいかも聞かれるでしょう。今までのスキルを、新たな会社でどのように活用できるかも大事な点です。

転職活動を始めるきっかけをここでも思い起こし、転職先に何を求めるのかまとめてみましょう。転職活動を始めるきっかけは、消極的理由が多いかもしれませんが、すべて伝えてしまっては好印象を与えることはできません。

消極的なものと相手に捉えかねない理由であれば、積極的な言い回しに切り替えます。社員の関係が要因であれば、協力関係を大事にしたかったという表現ができます。仕事のノルマに追われる日々が苦痛だったなら、一つ一つの仕事を心を込めて取り組みたいという言い回しもできます。

職場が遠いというこちら側の努力で打破できそうな理由でも言い換えることは可能です。通勤にかかっている時間をもっと仕事のために生かしたい、地元に密着した仕事がしたいと言い換えるだけで前向きな転職理由になります。自分のことを転職活動時に売り込むには、前向きな姿勢を維持することです。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

コンサルタントへの転職のコツ

学生向けのローンを利用するときの注意点