女性の転職と年齢の関係

 男性の転職より、女性の転職のほうが、年齢によって結果が左右されることが少なくありません。

どの業種への転職活動をするかによっても採用状況は異なりますが、傾向としては、共通のものがあるといえるでしょう。

二十代なら、転職をしようと考えても、選択肢は無数にあります。二十代のうちの転職をすれば、希望する仕事につくことも可能ですが、三十代に入ると選択肢が狭まっていきます。契約社員やパートタイマーで働きたい場合はまだ仕事が見つかりますが、正社員として働けるところはわずかしかありません。

女性は、20代から30代にかけて、結婚や出産といった人生の節目を迎える人が多いため、会社の戦力としてはどうしても心許なくなります。

女性は、外で仕事をする以外の要素がたくさん絡み合ってきますので、仕事に注力するという選択肢がとりにくくなります。接客業は、顧客に合わせたスタッフを揃えたいという企業も少なくないため、単純に経験が豊富だから採用に有利とは限りません。

有効求人倍率が高いという介護職でも、体力がものをいう仕事がたくさんありますので、若い人のほうが歓迎されがちだといいます。ある程度年齢を重ねてからだと女性の転職活動は苦しくなることが多いため、結婚や出産を見越して就職を決めておくといいでしょう。

企業の中には、女性の働きやすさを配慮しているところもあれば、全く気にしていないところもあります。結婚や出産を経ても、女性が自分の力を企業の中で生かすことができるような職場を求めて、女性への理解がある会社を探すことが肝心です。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

コンサルタントへの転職のコツ

学生向けのローンを利用するときの注意点