下肢障がい者の就職

 就職活動を下肢障がい者がする場合には、通勤手段に問題はないのか、会社内の移動はスムーズにできるかという点が焦点になります。自動車通勤ができるかどうかが、通勤手段のひとつのポイントとなるものです。

郊外型の会社のほうが、駐車場は都心部より整備されていることが多いといいます。最近では就労形態の多様化が進んでおり、時差通勤などにも柔軟に対応してる会社も少なくありません。移動が下肢障がい者だということで大変でも、通勤ラッシュを時差通勤にして避けるといったこともできるでしょう。

企業側が下肢障がい者を受け入れられないと考えている理由のひとつに会社内の移動についてバリアフリーではないことをあげています。すべての下肢障がい者が、バリアフリー環境でエレベーター完備でなければ仕事ができないということはないでしょう。

普通の洋式トイレがあればトイレの利用は問題ないという人も、車イス使用者の中にはいるそうです。しっかりと就職活動では障がいの内容を説明しておきましょう。こういう施設があれば大丈夫ということを事前に話すことで、就職の機会を広げることも可能です。

選考を就職のために受ける場合にチェックしたおいたほうが良いのは、移動の機会は多いか、長時間の立ち仕事はないかということです。スムーズに社内のドアの開閉ができるかどうかなども、下肢障がい者の就職では確認しなければなりません。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

学生向けのローンを利用するときの注意点

はじめてキャッシングを利用する時に知っておきたいこと