仕事探しのポイント

 仕事探しでは、何かとコストがかかるものです。会社によっては、面接会場までの経費を出してくれるというところもあります。現地までの移動費を出すという会社なら、働く人に優しく、経営が順調にいっているというイメージを抱けるでしょう。

求職者に対しても待遇がいいという会社なら、採用後も福利厚生が行き届いていて長く勤められる傾向があります。仕事探しを成功させるには、面接での様子も確認したいポイントです。面接で対面した会社の人たちがどうにも馴染めなさそうであれば、採用されても長く勤めるのは苦しいこともあります。

面接で必要の無い嫌味や罵倒をするような会社は、こちらから三行半を押すのも一手です。面接の場で言葉を交わすだけで、会社の実際の雰囲気がほぼわかってしまうということも起こりえます。仕事探しに用いた履歴書はどうすれば良いのでしょうか。

あいにく不採用となってしまった場合には、履歴書を返却してもらいましょう。職歴や年齢だけでなく、住所や写真までついた個人情報ですから、人に預けておくままでは不安というものです。履歴書を送付する時にあらかじめ返信用の封筒をつけたり、どう考えても採用されなさそうだと思ったらその時点で履歴書の返却を求めることもできます。

会社探しは、採用してくれそうな会社に自分を選んでいただくというだけではなく、こちらが会社をふるいにかけているんだというくらいの気迫を持って臨むことも大事な点です。臆することなく、自分に合った最適な仕事先を探して頂きたいものです。

コメント

このブログの人気の投稿

転職時の情報収集の注意点

コンサルタントへの転職のコツ

学生向けのローンを利用するときの注意点