30代の転職のコツ

 転職活動を30代になってからしたとして、成功するかどうかは定かではありませんが、やりようによっては見込みがあります。どんなことをすれば、30代で転職ができるでしょう。これまで蓄積してきた技術やスキルを自己PRに生かすことが、30代の転職活動のコツです。自分ができること今までの実績などをわかりやすくまとめて、自分の強みとして相手に伝えます。営業の人ならどのくらいの売り上げがあったのかなど内容が分かりやすいものであればあるほど効果があります。自分1人の成果としては目に見えるものがないという人もいるかもしれません。自分が所属していたチームの成果を伝えましょう。そういう時は、チームメンバーとして自分が何をしてきたかを合わせて伝えましょう。社外秘の情報を出すことはモラルを問われますので、気をつけましょう。胸を張って語れる業績ばかりではないということもあります。うまくいかなかったことがあったにしろ、それをどうプラスに転じたかで自己PRになります。長く働きてきた分20代よりもさまざまな経験を積み重ねてきていることが30代の強みです。上手に経験をアピールすることができれば30代でも十分に転職のチャンスをつかむことができるのではないでしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

仕事の適性とキャリアプラン

就職情報誌の利点

ニートの就職とサポートについて