短期の仕事と長期の仕事

 短期間での仕事につくことは、長期的な仕事につくことと比べるとどんな良さがあるでしょう。どんな働き方が、自分にとって都合のいいものであるか、数ある就労スタイルから選択することです。月々の収入が安定しており、かつ高収入の仕事につきたいという人は、正社員での働き口を求めることが多いようです。長期の仕事の中には、アルバイトやパートのような働き方で長期間の仕事をする人もいます。正社員ではない場合、雇用契約が簡単に打ち切られてしまうデメリットもあるので、どうしても雇用が安定しない傾向があります。仕事期間や日数が正社員ほど縛りがないという点が、非正規雇用の魅力的なところです。自身の環境や家庭の状況に応じて、働く時間を調節できるという長所があります。就職活動やキャンパスライフをしながら働くことになるという制限が、大学生にはあります。その点、短期間の仕事は学校の生活と両立させやすいものです。短期間で集中的にお金を稼ぐというスタイルも存在します。働きながら、別にやりたいことがある人には短期間の仕事は魅力があります。モデルや俳優を目指している人は、不定期にレッスンや稽古があったり、突然仕事の予定が入ったりする事もあるでしょう。衣食住を維持するお金は必須ですが、短期間で仕事をしてある程度の収入を確保しつつ、やりたいことをやる人生を選びたいという人もいます。


コメント

このブログの人気の投稿

ニートの就職とサポートについて

仕事の適性とキャリアプラン

就職情報誌の利点